クレファス(Crefus)とロッボクラブを授業料や授業内容4項目で比較!人気プログラミング教室

ロボット教室比較

レゴブロックのロボットプログラミング教室「クレファス(Crefus)」と英語でプログラミングが学べる「ロッボクラブ」

どちらも人気で評判が良さそうなので気になる!どっちにしようか迷ってしまう…という方もいますよね!

そこで「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」の料金や対象年齢など5つの項目で比較してみました。

今回は、プログラミング教室を選ぶ際に気になる「1.授業料」「2.対象年齢」「3.授業内容」「4.授業形態」を徹底比較しています。

両教室の良いところや悪いところを見ながら、それぞれどんな方に向いているのかをお伝えしていきたいと思います。

これからどちらに通わせようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」を4つの項目で比較しました!

1.授業料で比較 入会金や月謝・教材費などの料金で比較してみました。
2.対象年齢で比較 受講可能な対象年齢で比較しています。
3.授業内容で比較 ロボットまたはプログラミング、教材などを比較します。
4.授業形態で比較 通学かオンライン授業対応かどうかを比較していきます。

上記の4つの項目で、クレファス(Crefus)とロッボクラブを比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」を授業料(入会金・月謝)で比較!

「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」の入会金や月謝、その他かかってくる費用や料金を見てみましょう。

※税込み料金 クレファス(Crefus) ロッボクラブ
入会金 16,500円 11,000円
ロボット代 24,000円~ 0円
月謝・その他費用 12,100円〜18,700円
(教材費・その他費用込み)
月2回コース:13,800円~
月4回コース:15,000円~

クレファス(Crefus)とロッボクラブでは、料金や費用に差があることがわかります。

クレファスは最初に入会金とロボット期費用がかかってくるのに対してロッボクラブは、入会金の料金も低く、さらにロボット代がかからないので初期費用を抑えることが出来ます。

さらにクレファスはコースによって月謝が異なり、上のコースに上がっていくほど高くなっていくので、見越して検討していく必要がありますね。

ロッボクラブは英語で学んでいくので、英語教室も通わせる場合と比べると割安になります。

2.「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」を対象年齢で比較!

「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」を対象年齢と対象のコースで比較していきます。

クレファス(Crefus) ロッボクラブ
対象年齢 年長〜高校3年生(5歳〜18歳) 6歳〜14歳
コース ・ジュニアエリートコース(年長〜小学1年生)
・クレファスコース(小学3年~6年生)
・プラチナプレスクール(中学1年生~高校3年生)
デザイン プログラミング
ロボット 電子工作 STEM・STEAM教育
ビジュアルプログラミング

対象年齢は、クレファス(Crefus)の方が年長から18歳までと長く、ロッボクラブは小中学生が対象となっています。

コースをみてみると、クレファスの方が各コースの中でも、ブロンズ・シルバー・ゴールドとクラス分けされているので、年代に合った内容が考えられています。

ロッボクラブの方は、ひとりひとりに合ったプログラムで学んでいけるのが魅了です。

3.「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」を授業内容で比較!

続いて「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」の授業内容を見てみましょう。

クレファス(Crefus) ロッボクラブ
ロボットorプログラミング ロボット・プログラミング ロボット・プログラミング
内容 ・レゴブロックを組み立て動かす
・テキストベース「Python」
・ロボットプログラミング
・3Dモデリング
・電子回路設計
・アプリ開発

授業内容は、クレファス(Crefus)の方はレゴでロボットを作りプログラミングで動かす教室、ロッボクラブはロボットやモーターでプログラミングをしたり、3Dモデリングやアプリ開発まで行うことができます。

プログラミング言語についてはクレファスは「Python(パイソン)」、ロッボクラブは「ScratchPythonUnity」と種類も豊富です。

レゴロボット制作のクレファスと、多彩なプログラムで学ぶロッボクラブはどちらも魅力的な内容なので、お子さんの興味関心で選択するのが良いですね。

4.「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」を授業形態で比較!

「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」は通学出来る教室かオンライン授業があるのかを比べてみましょう。

クレファス(Crefus) ロッボクラブ
授業形態 通学・オンライン 通学・オンライン

クレファス(Crefus)とロッボクラブはどちらも通学とオンラインに対応していますね。

クレファス(Crefus)には「e-crefus(イークレファス)」というリモートで自宅で学習出来るスタイルがあります。

e-crefusではワークシートでロボットを考えて組み立て、 疑問点があればパソコン等からいつでも質問ができるので安心です。

ロッボクラブもオンライン授業に対応していて、別途入会金が1万円(税抜)かかるのとカメラとマウスが使えるパソコンが必要となります。

「クレファス(Crefus)」をおすすめの方はこんな人!

「クレファス(Crefus)」は

・楽しみながら学んで欲しい
・優しく丁寧な先生に教わりたい
・発表会で子供の成長を見たい
・無料で体験させたい

といった方におすすめのロボットプログラミング教室です。

クレファスは自分で作ったロボットをプログラミングで動かすという学び方が魅力なので、レゴや物づくりが好きなお子さんや、試行錯誤し楽しみながらプログラミングを学ばせたいという方におすすめの教室です。

また、発表の場が充実していて、プレゼンテーション能力を高めたり、成長を見ていけるのも嬉しいポイントで、無料体験でもロボット制作を試すことができます!

クレファス(Crefus)の公式サイトはこちら

「ロッボクラブ」をおすすめの方はこんな人!

「ロッボクラブ」は

・楽しみながら学んで欲しい
・優しく丁寧な先生に教わりたい
・英語の習い事を検討している
・ネイティブの先生から学びたい
・3Dモデリングやアプリ制作をしたい

といった方におすすめです。

ロッボクラブは、実際に作りながら多くの知識を学べるカリキュラムになっているので、色々なことに興味を持っているお子さんにおすすめの教室です!

学校の授業で使われるScratchを使ったプログラミングやパソコン操作にも強くなれるので、将来的にも役立つ技術が身についていきますね。

ブロックを使ったロボット教室ではないので、お子さんの想像力と創造力を駆使して、いろんなものを作っていくことができ、レベルアップしていけるのも魅力です!

ロッボクラブ公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のプログラミング教室「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」の違いを4つご紹介してきました。

「クレファス(Crefus)」と「ロッボクラブ」は料金や授業内容などたくさんの違いがあることがわかりました。

それぞれ良い部分に差はありますので、どのようにプログラミングを学ばせたいか好みに合わせて選んであげるのが1番です。

クレファス(Crefus)とロッボクラブは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「クレファス(Crefus)」と「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「クレファス(Crefus)とQUREO(キュレオ)プログラミング教室を比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

ぜひ参考にしてお子さんに合ったプログラミング教室を見つけてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました